So-net無料ブログ作成
検索選択
メッセージを送る

ネタばらし [Lyrical-modeの楽屋話]

今回、雑記帖でなんでネタばれとなるメグの子ども達について語ってしまったのかといいますと‥‥
答えは簡単。このイラストを見つけたからなのです(おいっ)

babies.jpg


ブクマのページにリンクを張っておりますが、ヴィクトリアンな素材を配布してくださっている海外サイトさまでお借りしました。
一目見たときから、これは使わせていただこう!と思うほどイメージにピッタリ♡
白花設定では左が兄、右が弟ということになっています。


以下は激しくネタばれします。



前々からメグにはぜひとも双子の男子を産んでもらおうと思っていました。
オールズヴァン伯爵家では当面女の子ミシェルだけということになりそうです。
あ、でも将来パトリックのところに女の子、というのはアリかな。

双子の名前ですが、曽祖父の名前ヘンリー(老公爵のミドルネーム)とシーザー(シーザー=ローラディール)をつけることは前から決まってました。
(まあヘンリーはメグ父の名前でもあるので祖父から貰ったともいえますが)
問題はミドルネームなんですよね。
アルバートもちょこっと考えたんですが、大切な子どもに名前を貰うほど、リチャの実父への感情が軟化してそうになかったので(これでも進歩はしたんですが)ボツということに。

素直にリチャとエドの名前をつけました。
パットにちょっと悪いかな~とは思いはしましたが(笑)
ミドルネームの通りにシーザー・エドワードは後に叔父の後継者になる予定です。
そこまでお話が続かないと思うので(いきなり子孫時代に飛ぶつもりなので)ネタばらししてもいいでしょう‥‥。
おまけに瞳の色がメグと一緒だしで、このシーザーはエドにすごく可愛がられます。
もう、叔父さん大好きっこに育つ予定(笑)

シーザーに関してはお嫁さんもすでに決定(私の中で)
アーサーとローズのところに二年くらい後に女児を誕生させるという予定にしております。
ローズは はりきって一粒種をメグの娘にします(笑)
これがまたローズ似のじゃじゃ馬だったりして。
アーサーの反対?ありません。
彼は薄々、メグの血筋に関して感づいていて、爵位をメグの血筋に戻すべきだと考えます。
俺様ですがプライドが高く、男気のある性格なので。
公爵位は、シーザーが継ぐわけではありませんが、その次の代、メグの孫息子が両家のタイトルを持つことになるでしょう。

『フェリシア』で書く予定のダニエルは、シーザーの子孫という設定なので、公爵位と伯爵位を持った現代の青年貴族ということになるのかも。
現代貴族皆様は、相続税が大変で、屋敷の維持とかに大変苦労されているようですね。
屋敷をホテルにしたり、観光客に見学を許可したりして‥‥。
ダニエルはいったいどんな青年なのでしょうか(うふふ)
私の中ではばっちり固まってきつつあります。
ちなみにヒロインは日本人です。国際的なラヴロマンス♡
『フェリシア』の作中でメグがご先祖さまとして語られたりして(笑)

‥‥まああくまでも予定ですが。

さて、双子の兄リチャード・ヘンリー(通称ハリー)は自由恋愛させます!
堅物・クールに見えて実は父と同じで情熱を秘めたタイプ。
今度こそ身分とかぶっちぎってやろうかな(笑)

こうやって横にも縦にも(ご先祖さまリオネルとか、子孫のダニエルとかですね)広がり捲っていく白花世界ですが、さすがに設定のすべては書ききれないでしょう。
まだバラしてないところはたくさんあって、たとえば、村の女教師のロマンスだとか、ミシェルの恋の行方とか‥‥
いつか作中でこっそり触れたりするかもしれません。
そのときは「発見」の喜びを感じていただければ嬉しいです。
私もこっそりとネタを仕込む甲斐があります。










コメント(3) 

コメント 3

ひろ

楽しく読ませていただいています。
突然ですがわたくし、ミシェルはパットの幼妻だとばかり・・・
だって二人に血縁関係は無いし、ミシェルがいつか恋心を抱いても仕方ないかと。
あきませんか?
まあ読者の妄想と言う事で。
どのお話も大好きで、何度も繰り返し読ませて頂いています。
これからも宜しくお願いします。
by ひろ (2009-02-21 11:13) 

このえ みさ

こんにちは。はじめてコメントします。
更新を楽しみにしていました。疑われていることを知ったオーレリア、かわいそう、、、。それなのにまだ他の疑いを捨て切れないリオネルって、いったいどんな悲惨な過去があるのでしょう。無事二人がくっつくのを信じて更新をお待ちしています。
by このえ みさ (2009-03-04 15:52) 

柊子

>ひろさま

お返事が大変遅くなり申しわけございません。

ミシェルとパットの将来は‥‥す、するどい(笑)
まだ先のことで書くかどうかも決まっていないのですが
伏線はしっかり張っているという状態です。
作中、同じ年頃の男の子もまったくいないわけではないので、(デボラの甥のクリストファーとか)これからゆっくり考えますね。
可能性は大いにある、とだけお答えしておきます。
今後ともどうぞよろしくおねがいいたします。



>このえさま
コメントありがとうございます。
お返事が遅くなり申しわけございません。
オーレリアとリオネル、すれ違い夫婦への応援ありがとうございます。
今はすれ違っておりますが、当サイトのモットーはハッピーエンドですので必ず、必ず、幸せにします。
これまで同様温かく見守っていただければ幸いです。

by 柊子 (2009-03-23 14:58) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。